2011年07月24日

下鴨神社でみたらし祭り

tori.jpg

yatai.jpg

京都の暑い夏がはじまり、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。
喫茶えぜこでの展覧会を終え、ほっと一息ついた私たち。
慌ただしい日々の中にもうるおいを!ということで、昨日はふたりで下鴨
神社のみたらし祭りに行って参りました。

みたらし祭りといえば、御手洗池の中に足をひたすことで無病息災を祈願
するという、下鴨神社の夏の風物詩。そのはじまりは平安時代の厄払いか
らだそう。土用の丑の日、老若男女が下鴨神社の御手洗池を裸足ですすむ
ことから、足つけ神事ともよばれています。
京都暮らしも今年で五年目の私たち。このたび初めて、足つけ神事に参加
しました。御池に足をつけたとたん、全身にひろがる爽やかさといったら!
それはそれは、とても気分がよく、心身ともに清められたようでした。

太陽の光で輝く水面から顔を上げれば、つきぬけるような青空と深い緑。
池に集まる人たちの明るい笑い声の中にまざる蝉の声も、冷たい足とは逆
に、手につたわる蝋燭のあたたかさも、からだの中に一度に流れこんでは
するりとぬけてゆく、なんとも不思議な感覚でした。
私のからだのあらゆる感受性が、あっというまにきれいになったような、
そんな感覚。

mizu.jpg

おじいちゃんやおばあちゃんに手をひかれて、パンツ一枚で水につかる小
さなこどもたちも多く見られ、そのはじけるような笑顔が、御池の水面を
いっそう輝かせているのでした。
今、みんなが抱える不安や哀しみを、こうしてきれいに流せたらいいのにと
思わずにはいられなかった休日の午後。
泳いだあとのような心地よい疲れは、なぜかとても懐かしい感じがしました。
posted by matsuge at 17:33 | 日々 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。