2011年10月06日

アトリエまつげのてんらんかい大坂編

今日から、大阪で展覧会をしています。

てんらんかい大阪DM.jpg

会場になっているギャラリーセージは、町工場を改装した独特な場所。
白壁の空間に古い木の柱と重機の跡が残り、武骨さと静謐さを感じさせます。
私たちにとっては3月に続き2度目の展覧会です。
お時間がありましたら、是非よろしくお願いいたします。

「アトリエまつげのてんらんかい大阪編」

2011年10月6日(木)〜10月18日(火)
12日(水)は休廊
12:30〜19:00 最終日は17:00まで
会場:ギャラリーセージ
http://www.gallery-sage.jp/
posted by matsuge at 11:53 | 作品 | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

湯布院の風、ゆふいんの森号

kinrinko.jpg

yufuin2.jpg

九州の旅、いよいよ最終目的地の由布院へ。
由布院駅を出てすぐ目の前に広がる由布岳の姿には、しばし息をのむほど
圧倒的な存在感が漂っています。町のどこにいても由布岳の姿を見ること
ができ、まさに町の守り神。旅から帰ってきた今も、まだ私の目の中のど
こかに、由布岳があるような不思議な感覚があります。
山は地方によってそれぞれの雰囲気を持っていて、その違いを知るのも私
の旅の楽しみのひとつです。今回の旅でも九州の山の力強さをしっかりと
刻みました。

翌朝は早起きをして、お宿の近くの金鱗湖まで早朝散歩にでました。
歩いてまもなくたどり着いた金鱗湖は、朝のきりりとした冷たい空気を湖
面にあつめ、霧をまとい凛とした佇まい。草のかげからひょっこり顔を出
したつがいの鳥たちが、一瞬の間をおいて颯爽と湖畔を飛び去る姿がとて
も格好よく、風と草がすれる音と鱗のように細かく光る湖面の模様と相ま
って、印象的な美しい朝をむかえることに。

午後は由布院バーガーを食べ、急ぎ足でノーマン・ロックウェル美術館へ。
帰りの列車の時刻がせまっていたので短い時間でしたが、ユーモラスな
名物館長さんのお話を聞き、またの再会を約束したのでした。
由布院駅から久留米駅までは私の憧れの列車、ゆふいんの森号で。
眠ることなくずっと見ていた車窓の風景。山にゆっくり沈む夕日を、風に
揺られる田園を、小さな踏切で手をふるこどもの笑顔を、私はきっとこの
先もときどき思い出すのでしょう。

uifuinnomori.jpg
posted by matsuge at 17:05 | | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

阿蘇のはらぺこ列車、九州横断特急

kyushuoudan.jpg

aso3.jpg

九州の旅、二日目は熊本から九州横断特急に乗り、大分へと向かいます。
三時間ほど乗ることになる九州横断特急は、別府駅から人吉駅までをつな
ぐ横断列車なのですが、これも私がどうしても乗りたかった列車です。
駅弁を車内で食べ、美しく流れる車窓の風景を眺め、ときどきスケッチを
して…と、長い列車旅のイメージトレーニングはまさに完璧。

ところが、動き出してまもなく流れたアナウンスに驚愕の事実が…。
なんと、期待していた駅弁が、熊本駅を出てすぐに完売したとのこと。
車内販売開始のお知らせ後、すぐのことだったので、一瞬頭がまっしろに
なったのですが、よく考えてみれば、私たちの座席は先頭車両の前から二
番目。通常、車内販売は後方の車両から前へと移動してくるので、たとえ
駅弁がたくさん用意されていても、後方のお客さんが順に買ってゆけば、
先頭車両にたどり着く前に多くは残らないはずです。
それにしても、完売はまったくの予想外。列車が発車したのはちょうどお昼
どきで、私たちは昼ご飯代わりになるものを何も用意していなかったため、
まさかの昼ぬき列車旅の決定です。

盛り上がった気分もいっきに下がり、なんともふぬけな状態の私でしたが、
いざ列車が進んでゆけば、目の前に飛び込む九州の大自然の風景にくぎづ
けになっていました。大きくどっしり連なる山の峰、澄みきった川の水が
光をあつめてきらきらと反射する様子、うつくしく整えられた段々畑。
力強くて野性を秘めた阿蘇の雄大な姿に、しばし言葉をわすれ、眺めてい
たのでした。
途中、山の急勾配を上るため、スイッチバックをする列車の懸命な動きが
振動となって、体に伝わるところもまた、感動的。
気がつけば、あんなにはらぺこだった私のおなかも、いつのまにか満たさ
れていたような、いい気分でした。

oudantokkyu.jpg

kabosu.JPG
posted by matsuge at 23:02 | | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。